スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンゴ+味噌+柚子ホットケーキのレシピ 

我が家のホットケーキはリンゴと味噌を入れます。あれば柚子も足します。
少しくたびれてきたリンゴでも美味しく食べられますよ。
我が家では2週間に一度のペースで週末の朝食はホットケーキ。
子供たちがだいたい作ってくれます。
是非お試しください。

材料(大き目約2枚分)
・小麦粉 300g
・リンゴ1玉
・卵 1玉
・味噌 50g
・ミルク170g
・水 170g
・砂糖 10g(なくてもOK)
・柚子(あれば)

リンゴは薄切り、柚子は千切りにして、材料を全部混ぜ合わせ、
170度位のホットプレートか火のフライパンで焼く。
なるべくぺったんこにするのが美味しいです。
写真のように、上にぺらんぺらんと並べるとリンゴが引き立ち、
もっと沢山リンゴがあれば、全部生地に混ぜ込んでしまうのも美味しいです。
10543038_1414666708789473_1079422840_n.jpg



スポンサーサイト
[ 2016/02/15 19:51 ] カンタンレシピ | トラックバック(-) | コメント(-)

リンゴジュースのかんたんゼリー。甘さ、食べ応え◎です。 

善積リンゴジュースのかんたんゼリー。お砂糖を入れなくても、素材の味しっかりで甘さ十分。とっても美味しいです。
ジュースはゴクゴクプハー!とすぐなくなりますが、ゼリーは同量でも食べ応えありで、お子さんも大喜びです^_^
リンゴジュース200ml(1本の1/5)で小さめのプリンなどのカップに3ヶ分くらいできます。

材料(ゼリー250ml分)
・カナちゃんちのリンゴジュース 200ml
・ゼラチン 5g
・生のリンゴ1/2玉(なくてもokです)

作り方
1.生のリンゴがあれば1/2玉をざく切りにして、リンゴジュースか水で軽く煮ておきます。
2.ゼラチンを50mlのお湯(80℃以上)でよく溶かします。
3.1と2をリンゴジュース200mlによく混ぜて冷蔵庫で冷やして固めます。

こちらは生リンゴ入り。リンゴの食感が爽やか美味です。
DSC_0030-001_20150506171127cf5.jpg

こちらは生リンゴなし。タッパーで作って一口サイズに切り分ければ大勢で楽しめます。
DSC_0010-002.jpg

→リンゴジュース商品紹介はこちら(善積農園ホームページへリンク)
DSC_0052_20150506171130730.jpg
[ 2015/05/06 17:35 ] カンタンレシピ | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴーヤの砂糖煮 ふたたび 

昨夏レシピをのっけて、密かにご好評いただき
むふふと喜んでいた「ゴーヤの砂糖煮」。

今年は黒砂糖バージョンを作ってみました。
コクがある黒砂糖は、ゴーヤと相性よし、です。

畑に砂糖煮用ゴーヤを物色しに行くと
この季節でもまだ赤ちゃんゴーヤがぐんぐん生まれてました。
ぶつぶつはしっかりあって、なんかかわいいぞ。
ゴーヤの赤(この辺りでは赤ちゃんのことを「赤(あか)」っていいます。
20070916223132.jpg

[ 2007/09/05 22:40 ] カンタンレシピ | トラックバック(-) | コメント(-)

カンタンリンゴジャムの作り方 

つがるの発送がばたばたー!と過ぎてゆきました。
いろんな方が善積農園のリンゴをお楽しみ下さり、また「美味しかった!」「甘かったよ!」などなど反応を下さることは何よりの励みになります。

そんなつがるの悲しい特徴は、日持ちがしないこと…。
傷んできたリンゴはちょっと生では食べづらいしどうしよう…とお困りの方も中にはいらっしゃるかと思います。そんなときに活躍のジャムレシピをご紹介します!20~30分でできますよ。

0920jam01.jpg


●●●カンタンリンゴジャムの作り方●●●
材料 リンゴ・砂糖(砂糖はお好みにより、なくてもOKです)

1.リンゴをざく切りにする。
大きさや切り方は実に適当です。一玉を大体10~50切れ(なんともアバウト!)くらいになるように切っていきます。傷みが多少あってもジャムとしてなら問題なく使えます。善積農園のりんごは、皮ごと食べて大丈夫ですよ。皮も使うとジャムもまた、赤くてキレイな色に染まります。

0920jam02.jpg


2.切ったリンゴをお鍋に入れる。

3.お好みで砂糖を入れる。
ウチでは砂糖なし、または入れてもほんの少量にしてリンゴ本来の味を楽しんでいます。たいていは、どかどかとパンやホットケーキにのせてムシャムシャ食べていると2.3玉分くらいのジャムはすぐなくなるので傷みを気にし始める前に食べ切ってしまいます。
※砂糖を減らすとその分傷みやすくなるのでご注意下さい。

4.弱火で煮る
大体15分くらい煮ます。でもこの時間もまた適当。ぐだぐだがお好きなかたはじっくりと。リンゴのかたまりがある程度残っているほうがお好きな方はさっと。お好みに合わせて煮て下さい。


0920jam03.jpg


5.熱いうちに瓶に入れる
おうちにある空き瓶などをキレイに洗い、ジャムが熱いうちに、できれば瓶の口ぎりぎりいっぱいまで入れるとに日持ちがします。

・・・と、これだけで完成!
ことこと煮始めると部屋中にリンゴの香りがたちこめて、幸せですよー^^
つがる以外の品種でも、もちろん作れます。特に紅玉は甘酸っぱくてジャムにするのに最適。ちょうどこれから9月末~10月初旬にかけて出荷です。紅玉・ふじ、ともにご予約をただいま受け付け中です。(by田んぼ主任)


↑リンゴのご用命はこちらでどうぞ^^紅玉も取り扱っておりますよ
[ 2006/09/16 17:25 ] カンタンレシピ | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴーヤのお菓子 

信州なのに

もう秋なのに

ゴーヤのお菓子を作ってしまいました。

私たちの家には家庭菜園があり、そこではゴーヤも育てていて、今でも毎日じゃんじゃん大きなゴーヤがとれます。

左のつるがゴーヤ。少し前の写真なのでゴーヤなってないのですが。
090801.jpg


ゴーヤチャンプルーとかゴーヤカレーとかおひたしとか、いろいろやりましたが保存がきいてちょっと変わった加工はないやろか…と思っていたら田んぼ主任がご近所のおばさまから作り方を聞いてきてくれました。ゴーヤの砂糖煮…とでもいうんでしょか。一挙に5本もゴーヤを投入してしまいました!

作り方はものすごく簡単です。
1.ゴーヤを縦半分に切り、5ミリくらいの厚さで更に切ってゆく。
 この時点で重さを量っておきます。
2.軽くゆでる。少し固めで大丈夫
3.手でぎゅっと絞る。意外と水が出ます。
4.氷砂糖(ゴーヤ1キロに対して700g)とゴーヤをお鍋に入れて、じっくり煮る
090802.jpg

5.まだ水分が残ってるようなら、お日様に干す
できあがり
090803.jpg


オレンジピールにもちょっと似た味。ほろ苦くて甘くて、少しずつつまむとなかなか嬉しい感じです。見た目は冴えませんが。主任、なかなか気に入った様子です。

→善積農園ホームページ
[ 2006/09/08 23:56 ] カンタンレシピ | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。