おすわりんご 

ここ数日で、リンゴっ子はお座りができるようになりました。とはいえ、ぐわんぐわんと不安定に頭を揺らしてゴチン!とこけてしまうこともありますが…。

布オムツの布の枚数も1枚では不十分な時が多くなってきて、あちこちから成長を感じます。

093005.jpg


→善積農園ホームページ
[ 2006/09/30 16:22 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンゴっ子とトオサン 

畑にて親子、2ショット。
リンゴっこは初めて裸足で外に出てみました。
寝起きでまだぼえーとしてますが。
リンゴワンピ、Sちゃんどうもありがとう!

093001.jpg


善積農園ホームページ
[ 2006/09/29 12:11 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

真っ白ソバ畑 

白い小さなお花が無数に咲きほこる、蕎麦畑。
一面広がる様子は、派手さはないけれどとっても美しいです。
今、家の周りではいたるところでこんな風景が広がっています。
稲やほかの野菜たちと並んで、蕎麦畑もけっこう多いことに
ちょっとビックリ。さすがは信州です。


092901.jpg


092902.jpg

[ 2006/09/28 11:59 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)

猫のニイサン 

今日は私たち田んぼ主任家で飼っている、ネコのニイサンをご紹介します。
ニイサンは京都で生まれ、今回の引越しで一緒に信州へ連れてきました。5歳になるメスのネコです。以前のお家はお寺の中にあり、春は桜、秋は紅葉、ニイサンも風情たっぷりの景色を眺めてはんなり暮らしておりました。

「窓から見える桜が満開どす。きれいどっしゃろ。」by ニイサン 京都のお家にて。
092801.jpg


それが(彼女にしてみれば)あまりにも突然の長野移住となった訳ですが、新居にも無事馴染み、トンボやチョウチョと戯れ、京都以上に鮮やかな緑に親しむ毎日を楽しんでいるようです。

「日当たりもええし、この家もなかなかええやんか」

092704.jpg


そしてリンゴっ子との関係ですが。
最近リンゴっ子のそばに、ごくごくたまーに近寄っては毛を「ぐわし!」と握られ、急いで立ち去る!という光景が見受けられます。駆け足のニイサンを見送るリンゴっ子の手はニイサンの毛だらけ。赤ちゃんはものを握るとき、加減ってものを知りませんので…。

微妙な関係の一匹と一人を、写真におさめたいなーとシャッターチャンスを狙っていると、私の膝をはさんで接近!おおーこれは…!もうちょっと接近してくれへん?私が膝をどけてもニイサンそこにいてくれる?

092701.jpg


あ、リンゴっ子がニイサンに気づいたね。ありゃ、ニイサンは隠れようとしてる…。「小さい子はもうカナンわ」

092702.jpg


ちびっこギャング、リンゴっ子にオイタされないよう、そろそろそろーり、観察中。仲良しショットにはまだ時間がかかるか…。ゆっくり仲良くなってってね。リンゴっ子もお手やわらかにね。

092703.jpg



善積農園ホームページ
[ 2006/09/27 09:04 ] 猫のニイサン | トラックバック(-) | コメント(-)

髪が寝た…! 

小さな報告で恐縮です。
リンゴっ子の髪がこの度、ほぼ完全に、寝ました…!
生まれてからずっと立ちまくっていた髪が寝た姿は
ちょっとだけ大人っぽく見えて、成長を感じさせます。

今日
092501.jpg


8月15日
092502.jpg


ちょっと前までライオンみたいだったのが、
ちょっと女の子っぽくなりました。嬉しいです。


善積農園ホームページ
[ 2006/09/26 16:12 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

一面黄金 

いよいよ稲たちが色づいて、まばゆいばかりの黄金色!

092402.jpg


リンゴっ子は、今回の新米から離乳食を始めることにします…!
092504.jpg

(↑ここで写ってるのは去年とれたお米デス)

( by 田んぼ主任 )

善積農園ホームページ←こちらのお米のご報告でした!
[ 2006/09/25 20:49 ] お米 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴゴゴゴゴをグググググ! 

中生種(9月末~10月中)に収穫する品種)のリンゴの手入れをしつつ完熟を待っている間に、「ふじ」の根本的な枝上げに取り組んでいます。今まで園主の細腕では「はなっから無理!」とあきらめていた作業ですが、最適任の田んぼ主任の力を得て、着々と進行しています。(実はそうチャッチャとは済まないのですが)
長年の実の重みでゴゴゴゴ…と下がりきっているぶっとい枝がジャッキでググググッと上がっていく度に「おおおおー!」と感動している園主です。
処置が終わった木はとっても立体的になって、日当たりもぐっと良くなりました。しばらくこの作業が続きます。支柱にする孟宗竹の竹切りも馬鹿にならない作業で、竹取のオウナが徘徊することでしょう。( by 純子園主 )

水色のものがジャッキ。これで枝を持ち上げます!
092301.jpg


善積農園ホームページ←こちらのリンゴの樹の格闘レポートでした!
[ 2006/09/24 17:14 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)

リンゴのお供養 

先日は収穫が終わりガランとしたつがるの列の通路で、商品になれずあえなく散った実たちのお供養(?)をしました。つまり、草刈りかたがた廃果も切って、できるだけ早く土に帰ってもらおうというものです。実を丸ごと土に埋めると、半年経ってもまだ原型を留めていてネズミのエサになったりするのです。リンゴの実がすぐに腐らずこれだけしっかりしているのは、皮に含まれた「アントシアニン」のなせる技。皮の力をこんなことでも実感しています。

この「アントシアニン」は強い抗酸化作用により、血をキレイにしたりと人の身体にもいい成分が含まれています。ちょっと意外なことに、リンゴの甘みや香りは、実の外側のほうが多いのです。だからやっぱりリンゴは皮ごと食べたいもの。善積農園のリンゴはさっと水洗いして、皮ごと「がぶり!」とお召し上がりいただけます。このことがとっても大事だと思っています。(by純子園主)


収穫が終わり、がらんとしたつがる列にて愛犬カナとともに
91901.jpg


→善積農園ホームページ
[ 2006/09/23 14:16 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)

小さな秋をわしゃわしゃと 

お庭の手入れ中の田んぼ主任が「見て!コレ!写真撮っといて!!」とちょっと興奮気味に部屋に入ってきました。手には柿の葉。ええー柿の葉って、こんなにキレイなんかあ!と早速撮影。緑と赤の混ざり具合、絶妙です。自然の技は、実にお見事。

092202.jpg



撮ったあとで葉っぱをリンゴっ子の前に並べてみると、興味深そうに一枚「ぱし!」ととって「わしゃ」。そしてまた一枚「ぱし」「わしゃわしゃ」。

なんかこの様子、何か思い出すなあ…
092203.jpg


なんやっけ…
092206.jpg


あ、わかった
092204.jpg


百人一首!
092205.jpg


今度のお正月、久しぶりに京都に帰ったらやりたいなー。
092201.jpg


善積農園ホームページ←京都のみんな元気ですか~?
[ 2006/09/22 13:57 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

赤ちゃんは みな天使 

なんだか親バカなタイトルをつけてしまいました とほ。
リンゴっ子は最近、お祈りでもするかのごとく、よく手を組んでます。
昨日の日記に登場のCちゃんがリンゴ畑へ遊びにきてくれたときもまたまたリンゴっ子はお祈りポーズ。それにあやかって(?)みんなでお祈りショット、はい、チーズ!今年も豊作になりますよう、天使のちからでよろしくね。ちょうど小雨が降ってきて、Cちゃんが小雨をよけるためにかぶったタオルがちょうどお祈り風小道具となりました。


092101.jpg



一人お祈りショット、激写☆と思ったら手が崩れちゃいましたー
092102.jpg


善積農園ホームページ←豊作祈願中の我らはここの者です
[ 2006/09/21 15:07 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

安曇野絵本館のこと 

京都から、私たちの大切な友人の一人・Cちゃんが遊びに来てくれました。収穫の合間を縫って、一緒に安曇野まで小旅行。こうして県外の友達がこちらへ来てくれると私たちまで旅気分が味わえてとっても楽しいです。都会の風を運んでもらって、話は尽きず、刺激たくさん。

安曇野はCちゃんごひいきの街。中でも安曇野絵本館は中でも一番のおすすめとのこと。足を運んでみると想像以上にステキなところでした。キリッと大人っぽくて、でも優しい空気を感じる絵本館。

092002.jpg


設立のテーマを聞いて納得。
「内なる子供をテーマに大人のためにつくられた絵本館。・・・絵本の絵を子供の領域から解放する場、大人になってしまった人が『かつて子供だったこと』を再認識する場として、この絵本館をつくりました。」


母になった今、大人の世界をちょっとサボって、子どもだったころの自分を思い返したり、子どもの目に見えている世界はどんなのか想像するのってなんとも豊かなことやなあ…と思います。

展示を見終えて、テラスに出ると目に入るものは控えめなグレーに塗られたテーブルと椅子。そしてまぶしい緑。緑。緑。どうぞ自由に心を遊ばせてください、って用意されたような場所でした。

092001.jpg

092003.jpg


Cちゃん、よき時間をありがとう。また一緒に小さな旅に出ましょうね。りんごっ子も待ってるよ。
092004.jpg

[ 2006/09/20 13:07 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)

真っ赤な秋 

お百姓仲間に「つがる、まだあんなに収穫せずに置いとくの~?」といわれ、「えーもう全部収穫しましたよー」と答えて指さす方を見れば、それはもう真っ赤に色づいた紅玉。これから「玉回し」(実を回して、全面が日に当たるようにする)して、もうしばらく待ちます。赤黒い位になるまで。
91902.jpg


紅玉はジャムやお菓子に最適な品種。先日ジャムレシピをご紹介しましたが、このジャムも紅玉で作るとさらに美味しくなります。(レシピに写真を追加しました。→こちらからご覧下さい

(by 純子園主)

それからウチの看板娘の名前を「リンゴっ子」と表現することとしました。もうリンゴをもりもり食べてしまいそうな最近の姿。今後ともどうぞよろしくお願いします^^91903.jpg


→善積農園ホームページ
[ 2006/09/19 14:35 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)

「カナちゃんちのリンゴジュース」つがる分ができました! 

さわやかさ一級品の「つがる」をそのまま絞ったジュース、今年もお目見えです。

出来る限りジュース加工の直前に、ジュース用のリンゴを用意したいため、ジュース加工の準備は毎年大慌てです。加工の前日はたいてい深夜まで電灯の下で、リンゴのいたんだところを切り取って用意しています。そして早朝、1時間以上車で走る山の中の加工所に、夜なべして用意したリンゴを運び込み、私も作業に加わりジュースを絞ります。ジュースができたらそのままその足で持ち帰るこのコースはいつも朝一番。だからジュース加工の朝は(眠いけど)とっても爽やか。そんな朝の気分をそのまま閉じ込めた、つがるジュースはとびきりさっぱり。サラッとした甘さがお楽しみいただけます。

091901.jpg


来年の秋まで(未開封の場合)お楽しみいただけるこのジュース。生リンゴやお米と一緒にお申し込みいただければ同梱でお届けできますので送料がとってもお安くなります。。「先に頼んであるお米に、ジュース6本追加ね!」なんてご注文も歓迎です。(お米に同梱のご希望は今月28日(木)頃までにお願いします。複数個のお届けの場合の送料を詳しく知りたい方は、お手数ですが直接善積農園へご連絡下さい。)
お値段は6本1セット3,000円(1本1,000ml入り)、12本1セット6,000円、ジャム&ジュース詰合せギフトセットもございます。来月には紅玉ジャムも登場です。どうぞお楽しみに!( by 純子園主 )

→善積農園ホームページ 商品紹介ページはこちら スクロールするとジュースのご紹介が現れます
[ 2006/09/18 12:30 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)

つがるが終わって~園主より 

皆様こんにちは。園主の純子です。

つがるの収穫がすっかり終わって、リンゴ園の、つがるが植わっている列はガラーンといきなり寂しくなりました。つがるは最も日持ちしない品種で、「冷蔵庫に入れてやって!」とかなり無理目なお願いもお聞き入れ下さって、お買い上げくださった皆様、ありがとうございました。ご不満な点などありましたらどうぞお気軽にお知らせ下さいませ。厳しく選果したつもりですが、まだまだ未熟者ですので勉強のもとといたします。


お客様の元へ旅立つ直前のつがるたちの姿
091801.jpg


→善積農園ホームページ
[ 2006/09/17 13:01 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)

カンタンリンゴジャムの作り方 

つがるの発送がばたばたー!と過ぎてゆきました。
いろんな方が善積農園のリンゴをお楽しみ下さり、また「美味しかった!」「甘かったよ!」などなど反応を下さることは何よりの励みになります。

そんなつがるの悲しい特徴は、日持ちがしないこと…。
傷んできたリンゴはちょっと生では食べづらいしどうしよう…とお困りの方も中にはいらっしゃるかと思います。そんなときに活躍のジャムレシピをご紹介します!20~30分でできますよ。

0920jam01.jpg


●●●カンタンリンゴジャムの作り方●●●
材料 リンゴ・砂糖(砂糖はお好みにより、なくてもOKです)

1.リンゴをざく切りにする。
大きさや切り方は実に適当です。一玉を大体10~50切れ(なんともアバウト!)くらいになるように切っていきます。傷みが多少あってもジャムとしてなら問題なく使えます。善積農園のりんごは、皮ごと食べて大丈夫ですよ。皮も使うとジャムもまた、赤くてキレイな色に染まります。

0920jam02.jpg


2.切ったリンゴをお鍋に入れる。

3.お好みで砂糖を入れる。
ウチでは砂糖なし、または入れてもほんの少量にしてリンゴ本来の味を楽しんでいます。たいていは、どかどかとパンやホットケーキにのせてムシャムシャ食べていると2.3玉分くらいのジャムはすぐなくなるので傷みを気にし始める前に食べ切ってしまいます。
※砂糖を減らすとその分傷みやすくなるのでご注意下さい。

4.弱火で煮る
大体15分くらい煮ます。でもこの時間もまた適当。ぐだぐだがお好きなかたはじっくりと。リンゴのかたまりがある程度残っているほうがお好きな方はさっと。お好みに合わせて煮て下さい。


0920jam03.jpg


5.熱いうちに瓶に入れる
おうちにある空き瓶などをキレイに洗い、ジャムが熱いうちに、できれば瓶の口ぎりぎりいっぱいまで入れるとに日持ちがします。

・・・と、これだけで完成!
ことこと煮始めると部屋中にリンゴの香りがたちこめて、幸せですよー^^
つがる以外の品種でも、もちろん作れます。特に紅玉は甘酸っぱくてジャムにするのに最適。ちょうどこれから9月末~10月初旬にかけて出荷です。紅玉・ふじ、ともにご予約をただいま受け付け中です。(by田んぼ主任)


↑リンゴのご用命はこちらでどうぞ^^紅玉も取り扱っておりますよ
[ 2006/09/16 17:25 ] カンタンレシピ | トラックバック(-) | コメント(-)

黄金色の田園 

ちょっぴりお久しぶり日記となりました…!

日記停滞中の間にも、稲はすくすくと育っています。
田んぼはだいぶんと、黄金色に染まってきました。日が当たると特に輝いて見えて、田園風景は本当に美しいです。ここのところ雨が続き、稲が倒れないか少しハラハラしていましたが、根がしっかりと強くはるよう気をつけて来たこともあり、がっしりと元気に育っています。実がつまった稲穂たちはずっしり重そう。10月の収穫まであと少し。そしてご予約もいよいよ18日の22時までと迫ってきました!
すでにお申し込みくださった沢山の方々、ありがとうございます。お米の到着をどうぞ楽しみにお待ちください。
これから申し込もうかな…とお考えの方々、まだ数に少々余裕がございますのでご予約をお待ちしております^^。

091701.jpg


091702.jpg



田んぼにて親子で。りんごっ子、黄金の世界へダイブ!?
091703.jpg


それから玄米の炊き方について、ちょっとお知らせです。
善積農園では、玄米を美味しくお召し上がりいただくため、圧力鍋で炊くことをおすすめしています。
玄米は炊き方によって「ふっくらもちもち」から「パサパサでヌカくさい」まで美味しさが大きく変化します。これまで善積農園ではいろんな炊き方を試してきましたが、圧力鍋で炊くのが一番失敗がなく、玄米を美味しく炊けると考えています。「初めての玄米、圧力鍋もないし美味く炊く自信がない…」という方は、白米か、または少量の玄米からお試しいただくことをお勧めします。

たくさんの方に私たちのお米を楽しんでいただけることをいろいろ想像しながら、収穫・発送までラストスパート頑張ります!
(田んぼ主任)
善積農園ホームページ←ここんちのお米のご紹介でした!
[ 2006/09/15 23:48 ] お米 | トラックバック(-) | コメント(-)

空ははるか 

数日ぶりにリンゴっ子も連れてリンゴ畑を訪れました。いつの間にか空は少し高くなって。リンゴは赤くなって。季節はゆっくりと流れているのですね。薪ストーブが欲しくていろいろ計画を練っている今日この頃。そろそろ本格的に考えなくては…!

091101.jpg

091102.jpg


→善積農園ホームページ
[ 2006/09/11 22:37 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)

初「いない いない ばあ!」 

お風呂上りのほかほかリンゴっ子の頭や顔をふいていたらニコニコ気持ち良さそう。これはもしや…そろそろいけるのでは…と、タオルで顔を隠してから「いない いない ばあ!」をすると「エヘへへ!」おおー初めての反応です。

嬉しくなって何回も「ばあ!」
そのたびに毎回「エヘヘヘヘ!」
少し前までは無反応だったのに、えらい嬉しそうに笑ってくれます。

「いない いない ばあ」は絵本にもなっていて、私も小さい時大好きでした。
いろんな動物がじゅんぐりに「ばあ!」をしていく松谷みよ子さんの楽しいお話。ファンはとっても多いようで、京都時代にお世話になっていたMさんが「あの本をリンゴっ子ちゃんに是非プレゼントしたい!でも本屋に置いてなかったし長野に引っ越してから買ってあげて」と図書券を下さって、引越し早々買いに行きました。まださすがに絵本には反応しませんが、きっともう少ししたらこの絵本の「ばあ!」にも声を立てて笑っていることでしょう。
091001.jpg


→善積農園ホームページ
[ 2006/09/10 17:07 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンゴ畑から 

つがるの収穫はいよいよ佳境を迎えています。

今年は…
7月までは日照不足。
そして8月にはいきなり酷暑にさらされ、虫は大発生…と樹へのストレスの多い年です。長野の大雨ニュースを見て、大丈夫?と連絡を下さった方々ありがとうございました。

なんとか無事に収穫できてホッと一息です。お届けしたお客様から「くせのない爽やかな味に感動!ぺろりと食べ切ってしまったから追加注文いけますか!?」との嬉しいご連絡もいただきました。疲れがふきとび、もっと頑張るぞ!と心励まされる瞬間です。

つがるはあとわずか(今ならギリギリ、ご用意できます)ですが、続いて紅玉、そしてふじ…とリンゴシーズンはまだ始まったばかり。採れたリンゴを私たちもモリモリ食べて元気をつけて、収穫シーズンを無事に乗り切りたいと思います!(純子園主)


園主、畑にて。UV対策120%!
090902.jpg


善積農園ホームページ←ここんちのリンゴのご紹介でした
[ 2006/09/09 23:11 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴーヤのお菓子 

信州なのに

もう秋なのに

ゴーヤのお菓子を作ってしまいました。

私たちの家には家庭菜園があり、そこではゴーヤも育てていて、今でも毎日じゃんじゃん大きなゴーヤがとれます。

左のつるがゴーヤ。少し前の写真なのでゴーヤなってないのですが。
090801.jpg


ゴーヤチャンプルーとかゴーヤカレーとかおひたしとか、いろいろやりましたが保存がきいてちょっと変わった加工はないやろか…と思っていたら田んぼ主任がご近所のおばさまから作り方を聞いてきてくれました。ゴーヤの砂糖煮…とでもいうんでしょか。一挙に5本もゴーヤを投入してしまいました!

作り方はものすごく簡単です。
1.ゴーヤを縦半分に切り、5ミリくらいの厚さで更に切ってゆく。
 この時点で重さを量っておきます。
2.軽くゆでる。少し固めで大丈夫
3.手でぎゅっと絞る。意外と水が出ます。
4.氷砂糖(ゴーヤ1キロに対して700g)とゴーヤをお鍋に入れて、じっくり煮る
090802.jpg

5.まだ水分が残ってるようなら、お日様に干す
できあがり
090803.jpg


オレンジピールにもちょっと似た味。ほろ苦くて甘くて、少しずつつまむとなかなか嬉しい感じです。見た目は冴えませんが。主任、なかなか気に入った様子です。

→善積農園ホームページ
[ 2006/09/08 23:56 ] カンタンレシピ | トラックバック(-) | コメント(-)

つがるの収穫真っ只中! 

一年がめぐって、今年もサンつがるを無事に収穫できました!
ご予約いただいた皆様へ、ただいませっせと出荷中です。
ご予約下さった方々、「届いたよー!」と早速の報告を下さった方々、ありがとうございます。
「注文するのを忘れてたけど、私も食べたい!」
「注文が届いたけど、美味しかったから追加注文したい!」
そんな方々も今ならまだ少し数に余裕がございますので是非どうぞ。9月10日(日)頃がリミットです。
ほんまもんの樹上完熟朝摘みのサンつがる、是非ご堪能くださいませ!

090702.jpg



090703.jpg

090701.jpg

(収穫に追われているうちに写真を撮りそこねてしまいました!
昨年の「サンふじ」収穫写真で失礼します。)

善積農園ホームページ←こちらのリンゴのご報告でした!
[ 2006/09/07 23:30 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤドカリ赤ちゃん 

トカゲばりに首をぐわんと持ち上げる姿もだいぶ定着してきたリンゴっ子。
不完全ハイハイでにじりにじりと移動して、気づけばお膳の下におりました。なんかヤドカリみたいです…。

もしもーし。どうですか、お膳の背負い心地は。
090602.jpg

「うん。」
090604.jpg

「なかなかええでー。」
090601.jpg

それは何よりですね。
でもしばらくすると、ちょっと哀愁。やっぱり秋だからでしょか。
090603.jpg


善積農園ホームページ←憂いを秘めた(?)リンゴっ子んちはリンゴとお米を作ってます。
[ 2006/09/06 23:47 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

眠気には勝てず 

りんごっ子のお気に入りのおもちゃの一つが、上からぶら下がってるユラユラ部分や横のタマゴ部分を触る、このお品。(Nさんからいただきました。ありがとうございました!)

今日もよう遊んでるわーと思ってたらいつの間にか静かになり、ふと見ると、おもちゃに手をかけたまま寝てる…。楽しいことはずっと続けていたいけど、眠気には勝てず…ってその気持ち、よーくわかります。赤ちゃんも一緒なのですね。

090501.jpg


090502.jpg


リンゴっ子の母である私も、寝つきの良さには自信ありで、のび太くんにも多分負けません。夜になったらどこでもしっかり眠くなって、友達と夕飯食べてても、すぐにうつらうつらしてしまう私。この体質はリンゴっ子にも受け継がれていってしまうのでしょうか…!?
善積農園ホームページ←寝つき最高!のリンゴっ子(と母)んちはリンゴとお米を作ってます。
[ 2006/09/05 23:44 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

信州ならでは運動会 

昨日は地域の組運動会でした。ご近所さんと大勢で集まるのは初めての機会。ちょっと緊張、ちょっとワクワク、で出かけました。
この運動会、初めてみる競技もとっても多くて新鮮でした。縄を編む競技なんかもあるのですよ!縄を編むためのワラを編み編み長ーくしていって…重しにくくりつけて…途中で切れずに無事早くひっぱり切れたチームの勝ち!おおおなんか信州っぽい!

undou02.jpg


編み編みするオジサマたち。みんな器用です!アップにすると…

undou06.jpg


こんな感じ。そして編み編みされた縄の端っこを、女性陣が持って…

undou03.jpg


砂袋にくくる、と。

undou04.jpg


そして縄をひっぱる!でも縄がしっかり結えてなかったら、砂袋は動かないので編み編みの精度が必要です。

undou05.jpg



私達はムカデ競争やら樽転がしやら出ましたが、んー…成績にはあんまり貢献できず、なんと我がチームは最下位でございました!でもでもすぐ近くに暮らす人たちと一緒になって仲間の奮闘をわあわあ応援したり終わってからは輪になってごはんを食べたり、実り多き「スポーツの秋」でした。

→善積農園ホームページ
[ 2006/09/04 23:51 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)

ぐじゃぐじゃの楽しみ 

ものをつかむ、引っかくという楽しみを得たリンゴっ子。今日の遊び道具は家電ショップ特大チラシ。

自分の身体よりずっと大きいチラシにぐるるーっとくるまったり。
tirashi02.jpg

ぐっじゃぐじゃに握ったり。はたまた蹴り上げたり。

tirashi01.jpg

「うっきょー!」

tirashi03.jpg

紙は簡単に形が変わるから面白いのかも知れません。かなりエキサイトして、でも遠くから見るとチラシだけが動き回ってるみたいでちょっとおかしなことになってました。最近、こんなぐじゃぐじゃチラシが家中いくつも散乱して、結構えらいことになってます…。

善積農園ホームページ←オテンバガールのリンゴっ子んちはリンゴとお米を作ってます。
[ 2006/09/03 23:36 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

かさかさ音とニイサン 

今朝、一人先に起きてパソコンを触っていると、寝室から音がしました。かさかさかさ。小さな音がずっと続いてます。なんやろーと見ると、リンゴっ子がむっくり起き出して、襖を懸命に引っかいていました。小さな目撃なんですが、一応初引っかきでございます。
kaki02.jpg

ちょっと爪に引っかかる感じが楽しい様子です。いろいろ楽しそうで、いいなあ。赤ちゃん。
kaki.jpg

なんて思ってると飼い猫の「ニイサン」が顔を出しました。最近リンゴっ子はやっと動物を認識できるようになったようで、たまにニイサンの毛をぎゅいーとつかんで、ニイサンにちょっと嫌な顔をされてます。ニイサンと同じく、リンゴっ子も今は四足動物。仲良くして欲しいものです。
kaki03.jpg

kaki04.jpg

これがニイサンです。彼女の紹介は、また改めて…


善積農園ホームページ←この子たちがいる農園のご紹介です。
[ 2006/09/02 21:56 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)

家族揃って 

農作業の合間を縫って、この間の日曜日は家族でピザを食べに行きました。石釜で焼いた本格ピザ、美味しかったー!自分で工夫していろいろ作るのも楽しいけれど、こうして外で食べるのもやっぱりいいものです。ちょっとした森の中にあるお店で森林浴しながら、みんなでお腹いっぱいいただきました。

この日の夜は地元の花火大会で、家のすぐそばから花火が上がる様子がよく見えました。打ち上げ場所は天竜川。ドーン!という音が山にこだまして何重にも聴こえます。山々にいつまでも響く花火の音を聞いたのは初めてで、「ああ…ここは長野なんやわ」としみじみ。周りからは花火に負けじと虫たちの大合唱。長野の夏の終わりにふさわしい花火大会でありました。

test_2.jpg


善積農園ホームページ
[ 2006/09/01 20:27 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)