スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チョキチョキDAYS 

ようやく春の足音を感じる日がちらほら…。
でも寒さ厳しい冬でした。
少し前に撮った、真っ白りんご畑。
ちょっきんちょっきん。家族は剪定作業に勤しんでいます。
春までに終えなければならないこの作業。
それから確定申告も…ずずーん
しかもリンゴロウもいよいよ目が離せなくなってきましたっ ひい~
春の訪れは嬉しい一方で、
お尻に火がついて気ぜわしいのでございます。
大やけどする前になんとかせんとー!!

DSC_0278.jpg
DSC_0289.jpg
DSC_0295.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/02/29 22:05 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)

移動販売八百屋たろう屋さん 

私たちの暮らす伊那谷に
農家と食べる人を結ぶ、新たなお店が生まれました。

この冬から信州・松川町を拠点に移動販売八百屋を始めた「たろう屋」さん。

「農薬や化学肥料に頼らない、美味しい野菜や果物にお米などの農産物
天然醸造の調味料、乾物に天然酵母のパンにお菓子に雑貨を積んで
稲田にのあちこちに届けに行きたいと思います。
美味しくて、いつでも作り手の顔が見えるモノたちが僕らの商品です

車には荷物を少ししか積むことができませんが、
美味しい野菜やつくり手の思いなども運んで、
少しでも喜んでもらえたら嬉しいです。
もちろん配達も致します。いつでもお気軽に声をかけてください」(たろう屋通信より)

身軽に動ける移動販売って、いろんな可能性がありそうです。
この日は味噌部のお餅つき会場へ登場!

ちなみに駒ヶ根市の悠合カフェさんには
たろう屋さんと
駒ヶ根の老舗の自然食品店「桜屋」さんのミニショップがあります。
森の中に佇むこちらのカフェがまたいい雰囲気です。

DSC_0196-1.jpg

この方が店主の宮崎太郎さん。
DSC_0198.jpg

DSC_0203.jpg

こだわりのお品が満載!私はみりん「味の母」を購入。
まろやかなお味。いつもの煮物が美味しく仕上がります。

今度はどこでたろう屋さんに出会えるか、楽しみです。
たろさん頑張ってくださいねー!

→ブログ「たろう屋便り」はこちら

DSC_0193.jpg
[ 2012/02/09 17:23 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)

薪ストーブいよいよ その2 

昨日のブログの続きです。

どの薪ストーブがいいかなーということで、
小野沢さんちのストーブを参考に見せていただきました。
チェコスロバキアの方が信州・中川村で作っておられる「イエルカストーブ」
独特のフォルムが楽しいです。なんだか生き物っぽい…。

DSC_0255_20120207110017.jpg

イエルカストーブにはオーブン機能も付いています。
奥さまがそこで焼いたケーキをご馳走してくださいました。
ふっくら、外は少しサクっとして、とっても美味!
それにしても、県内にストーブを作れる人(それもチェコ人)までいるなんて、
信州ってすごい…。

DSC_0010_20120207110019.jpg

小野沢家3人目のお子様とご対面。つぶらなおめめ、かわいい~。
DSC_0259.jpg

森の中に建つ小野沢家には愛機勢揃い。ラビット号に興奮の田んぼ主任でした。
DSC_0252.jpg

迷った末、うちにはベルギーで作られたストーブがやってくることになりました。
昨日のブログに載ってるあの子です。
我が家のお財布事情からすると相当はりこんだ、上等のお品。
大事に使いたいと思います。

ストーブの背景にあるものも沢山感じられて、
とても豊かな気持ちになれるお買い物でした。
小野沢さん、本当にありがとうございます。
[ 2012/02/08 11:32 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)

薪ストーブいよいよ1 

実は私たち、近所に引越しすることになりました。
とても静かないい場所に建つ中古のおうちが借りられることになり、
この春か夏頃引越しです。
(純子園主は現状のまま、身軽に一人住まい、湖戯人・峰子・子供二人が引越します)


そしてそして、今度の家に薪ストーブを入れたいなーということで!
「薪ストーブメンテナンス」の小野沢さんに相談中です。

「薪ストーブライフをもっと楽しく」をモットーに
煙突掃除 薪ストーブ修理 薪ストーブ用品・薪販売 薪ストーブ施工…と
薪ストーブメンテナンスを専門でなさっている小野沢さん。
信州の薪ストーブユーザーにとってそれはもう頼もしい存在で、
シーズン中あちこちでひっぱりだこ。

DSC_0251_20120207110017.jpg

「新しい家族を迎えるように、ストーブと関わってほしい」と小野沢さん。
親身になってお仕事してくださる様子からも、その気持ちが伝わってきます。

DSC_0243.jpg

薪ストーブのじんわりした暖かさは、寒い信州にはとても嬉しいもの。
手はかかりますが、剪定したリンゴの木も使えて、ルックスも素敵。
薪ストーブええなーと以前から憧れておりました。
楽しみです!

ストーブ記事は次回に続きます

[ 2012/02/07 10:56 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)

さぶさぶリンゴ園 

洗濯物がばっきばきに凍る日もあり、
今年の寒さは極まってます。

リンゴ畑もマイナス15度以下、なーんて日もちらほら…。
カナダ製の防寒長靴を装着して、純子園主たちは剪定作業です。

一年を通して、手をかけて育つリンゴの樹。
この秋も美味しい実がつきますように…。

DSC_0050_20120205220131.jpg
枝を持ち上げる「誘引」の作業中。
DSC_0059_20120205220131.jpg
雪の反射を防ぐサングラスが欠かせません。
眼鏡の上から装着できるサングラスが、この80‘sバリバリの
でっかいのしかないんですよねー
どなたかリーズナブルで高性能なものをご存知でしたら是非お教えください。
DSC_0055_20120205220131.jpg
DSC_0069_20120205220131.jpg
DSC_0071_20120205220130.jpg
[ 2012/02/05 22:07 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。