義援金、原発について 

震災から一年が経ちました。
悲しいニュース、恐ろしいニュースが途切れることなく流れてきて、
もう一年が経ってしまったのかと信じられない気持ちです。

被災地では、重い気持ちを抱えたまま、懸命に日々を過ごしている方が沢山いらっしゃることと思います。
本当に微力ですが、当園の売上から48,440円を被災地へ送ることにしました。

納金先は、飯舘村に28,440円、(役場へ送り、村民の方々に使っていただく予定です)
残額の20,000円も、福島の方々にお送りする方向で、近日決定する見込みです。

なお、この金額は、2011年7月1日~12月31日受付分の売上から
1商品につき20円を義援金にするということで、計算したものです。
ご注文下さいました皆さま、ありがとうございました。

飯舘村は、農業がとても盛んで、企業誘致はせず、身の丈にあった暮らし方を模索してきた村。
「ないものねだり」ではなく、「あるもの探し」を大切にする、という村長さんの言葉がとても印象的でした。
農家として、日本人として、見習うところが沢山あるように感じます。
そんな飯舘村が避難区域になってしまうなんて、
こんなにも皮肉なことがあっていいのだろうかと思います。

被災地の皆さんの平穏な日々が早く戻ってきますように。
そして、脱原発を私達も願っています。

最近知った一つの詩が心に刺さりました。

「あとからくる者のために」
         坂村 真民

あとからくる者のために
田畑を耕し 
種を用意しておくのだ
山を 川を 海を 
きれいにしておくのだ
ああ 
あとから来る者のために
苦労をし 
我慢をし 
みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる 
あの可愛い者たちのために
みなそれぞれ自分にできる 
なにかをしてゆくのだ

------------------------------------------------

可愛い者たち…のくだりが特に胸に迫ります。
子を持つ者としての力が問われているように感じます。
私など本当に未熟な母親ですが・・・。

廃炉への道のりは、とても険しいようですが
それでもやっぱり、原発はもういらないです。


DSC_0079_20120310225924.jpg

[ 2012/03/11 09:00 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)

大豆の甘辛揚げがおすすめ 

先月、大豆の出荷を進めてきましたが、
今回はなんとも不作でした・・・
「たったこれだけ!?」と驚くほどの少なさでございました とほ
また課題が増えました。

そんな残念な大豆ですが、
気を取り直して美味しい食べ方を一つご紹介します。
農家のお母さんから伝え聞いたもの…ではなく、
クックパッドからの情報ですがっ
ひゃーすみません

→リクエスト給食1位の大豆の甘辛揚げ

これ、香ばしくてとっても美味しいです。
片栗粉って優秀やなー…としみじみ。
おじゃこや青海苔もお家にあれば混ぜるとなお味わい深くなります。

大豆は、一晩水に浸けて戻すのが面倒ですが、まとまった量を戻して、
ジップロックに入れて冷凍しておくと、その都度使えて便利です。

写真はよく取れた年の大豆畑。
DSC_0037_20120301112433.jpg


[ 2012/03/01 11:13 ] 大豆 | トラックバック(-) | コメント(-)