FC2ブログ











静岡のREFSさんを訪ねる 

素晴らしい快晴の4月8日、静岡まで行ってきました。
どーんとそびえる富士山と桜のコンビネーション、最高!



向かった先は沼津市の八百屋さん「REFS」(レフズ)。
レフズとはREAL FOOD STORYの略。「食べもの物語をつなぐ八百屋」をコンセプトに
若手オーナーの小松さんが頑張っておられ、当園のリンゴも何度か扱ってくださいました。

富士山の麓で作られるこだわり野菜を小松さんが朝一番で取りにいき、
その日のうちのお店に並ぶのだとか。鮮度抜群。作り手との関係もギュッと濃密です。
活気溢れるお店でした。時間の関係で店内や小松さんの写真が撮れず残念!

↓こちらが小松さんです。「ザ・沼津」って感じの存在なのでしょうねえ。
ポーズも素敵です。(地元のフリーペーパー「NUMARUN」に載ってました。)
写真 (8)

REFSの4軒隣には、小松さんも関わる「Lot.n」という新店が出来ていました。
こちらは「沼津の魅力発信拠点」。
静岡県東部の食材が買えたり、生のベアートビールが飲めたり、アウトドアウェアの購入やレンタルができます。

Lot.nとは“たくさんの自然”を意味します。日本一高い山から日本一深い湾のあるこの地域。自然を楽しむ“アウトドア ”、自然の産物を味わう“食”の拠点。

例えば、沼津アルプスに行く前にウェアとトレッキングシューズをレンタルし情報を集めて山へ。トレッキングから戻り返却をしたら沼津の物産をつまみながらベアードビールの生ビールを飲み、気にいったものをお土産にして帰る。
(REFSブログより引用)
お店のそばにある川でのカヤックレッスンやBBQ道具のレンタルも受付なさっていて、
なんとも広がりのあるお店です。
置いてある商品やディスプレイも魅力的。食品類の大半は小松さんセレクトだそうです。







楽しいもの、美味しそうなものを信州へ連れて帰ってきましたよ。
沼津プロレスの学習帳はりんごっ子へのお土産!


Lot.nとは“たくさんの自然”を意味します。日本一高い山から日本一深い湾のあるこの地域。
なるほど、ロゴマークに入っている数字はそれを表してるんですね。
自然を楽しむ“アウトドア ”、自然の産物を味わう“食”の拠点。
それがLot.n、ってことなんですね。


この街が好きなんだー!って情熱がほとばしっていて、とても好印象のお店でした。
地方に活気があるって素晴らしいことです。
私だって信州が好きやもーん!!って改めて思ったりして。

魅惑の沼津旅、次回に続きます!
[ 2014/04/11 22:20 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)