FC2ブログ











ヒナタヤさんで善積リンゴの雑穀お菓子教室 前編 

当園のリンゴやジュースを扱ってくださっている長野県伊那市のヒナタヤさん。
先日、善積リンゴやジュースを使った雑穀料理教室「リンゴノオカシ」第一回目が開かれ、
私・峰子が行って参りました。

この日のお菓子はNOシュガー、NOエッグ、NOミルク、そして100%植物性材料です。
なのになのに、甘さしっかり、食べ応えもあって、大満足の美味しさでしたっ←鼻息!

IMG_7833.jpg

この日のメニューは
リンゴのつぶプルカスタード
もちあわリンゴ
リンゴと完全粉のパンケーキ

下の写真が店主であり講師の中村美紀さん。
普段、ランチで作っておられる雑穀料理も美味しくて、
今回も期待していましたが、知識も豊かで雑穀への愛を沢山感じました。

リンゴについては、ヒナタヤブログでこんな風にご紹介くださっています。

この日のために「善積農園」さんが特別に提供してくださった、まだ数少ない「さんさ」を使いました。もぎたてフレッシュな「さんさ」は味が深く濃く酸味も あってお菓子をよく引き立ててくれました。つぶつぶ料理は、調味料も工程もシンプルなので素材の味が引き立ちます。というか、素材が美味しかったらもうそ れで美味しいんです!!

…善積リンゴを選んでくださったこと、ありがたき光栄です!!

ではまず「もちアワリンゴ」。
材料はもちアワとリンゴジュース、リンゴ、お塩。それだけです。
IMG_7770.jpg

材料を炊いていくうちに、とろみが加わり、もちアワのぷちぷち感もちょうどよい具合になりました。
甘さも十分。リンゴたち、いい仕事しておりました!
縄文の昔から栽培されていたアワ。アワおこしやアワぜんざいだけではない、
こんな食べ方もあるんですね。
鉄分が多く、世界各国で「母乳の出が良くなる」「産後の回復を助ける」と言われ、とても滋養豊かな雑穀だそうです。
冬に向かうこれからの季節、このとろみがいっそう美味しく感じられそうです。

炊き始め
IMG_7809.jpg

とろっとしてきました
IMG_7815.jpg
そしてリンゴと完全粉のパンケーキ。
使っているのはリンゴと地粉、アワ粉、塩、焼き油。
またしても、どシンプルです。
雑穀の粉を小麦粉に加えることで栄養豊かになり、コクやうまみが大幅にアップするのだとか。
我が家ではよく味噌入りホットケーキを作るのですが、今度はこちらのレシピでアレンジしてみたいです。
IMG_7817_201409130028345d0.jpg

→ブログ続編はこちら
[ 2014/09/13 00:28 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)