「あとからくる者のために」 坂村 真民さんの詩 

8年前の写真を見返すと、小さな娘の姿に成長の喜びと未来への不安がぐるぐるします。
明日は選挙。子どもたちのこれからが明るいものでありますよう、願わずにはいられません。

何度も読み返している詩があります。

「あとからくる者のために」
         坂村 真民

あとからくる者のために
田畑を耕し 
種を用意しておくのだ
山を 川を 海を 
きれいにしておくのだ
ああ 
あとから来る者のために
苦労をし 
我慢をし 
みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる 
あの可愛い者たちのために
みなそれぞれ自分にできる 
なにかをしてゆくのだ

可愛い者たち…のくだりが特に胸に迫ります。
子を持つ者としての力が問われているように感じます。
政治は難しいけれど、明日は一票を投じてきます。

13620181_1408659822494375_2722977924675685947_n.jpg
[ 2016/07/09 11:47 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)