FC2ブログ











リンゴのお供養 

先日は収穫が終わりガランとしたつがるの列の通路で、商品になれずあえなく散った実たちのお供養(?)をしました。つまり、草刈りかたがた廃果も切って、できるだけ早く土に帰ってもらおうというものです。実を丸ごと土に埋めると、半年経ってもまだ原型を留めていてネズミのエサになったりするのです。リンゴの実がすぐに腐らずこれだけしっかりしているのは、皮に含まれた「アントシアニン」のなせる技。皮の力をこんなことでも実感しています。

この「アントシアニン」は強い抗酸化作用により、血をキレイにしたりと人の身体にもいい成分が含まれています。ちょっと意外なことに、リンゴの甘みや香りは、実の外側のほうが多いのです。だからやっぱりリンゴは皮ごと食べたいもの。善積農園のリンゴはさっと水洗いして、皮ごと「がぶり!」とお召し上がりいただけます。このことがとっても大事だと思っています。(by純子園主)


収穫が終わり、がらんとしたつがる列にて愛犬カナとともに
91901.jpg


→善積農園ホームページ
[ 2006/09/23 14:16 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)