ワンドロップさんとのご縁 

京都のやおやワンドロップさんにて
サンつがるを取り扱っていただけることになりました!
入荷日など決定次第お知らせしますので
どうぞお楽しみに^^


ワンドロップさんには
お店の各種宣伝物の制作もご依頼いただき、
大変たいへんお世話になっています。
下の写真たちは
春に制作した「宅配のしおり」。
イラストは梁川友世さん、
デザインとディレクションを私が担当しました。

お店を切り盛りする若い小谷夫婦の姿勢は
私自身の想いと重なるところもあり、
この紹介文を最初に読んだとき
ぐっと来ました。

DSC_0206_20090911122352.jpg DSC_0212-1.jpg

↑クリックで大きくなります。

-------------------------------------------------

私達ワンドロップは、
単に農薬、化学肥料を使っていないというだけではなく、
野菜の専門店として、美味しくて新鮮な野菜、
お客様に感動していだける野菜をお届けすることを
モットーにしています。

私達の考える「美味しい野菜」とは、
つきつめれば生産者の「心」がこもった
野菜だといえます。
より美味しく、質の高いものを作りたい、
喜んでもらいたいという志が生産者にあるかどうか、
その「心」がなければ、たとえ有機栽培でも
美味しい野菜はできないということを
経験してきたからです。

生産者の「心」を知るために、
全国駆け回って生産者を訪れ、
畑を見ながら話をします。
そして生産者の人柄、プロ意識、情熱、
また農業を楽しんでいるか…などを感じ取ります。
それは現場に行かなければ決してわからないことです。

生産者に「心」があれば、
おのずと栽培技術も磨かれていきます
例えば、肥料は過剰になっていないか、
土づくりにどれだけ徹底しているか、
より美味しく土地に合う品種はどれか。
そうしたこだわりのひとつひとつが、
野菜に美味しさとなって
こめられていくのです。

私達がお届けしたいのは、
そんな生産者の
「心」と「技術」の
結晶のような、
芯の通った野菜です。

-------------------------------------------------

こんな気持ちで私たちの作物を扱っていただけるなんて
なんともありがたい限りです。
でも私たちももっともっと、心と技術を磨かねば・・・

しおりでは、丁寧に足を運び、心と体をいっぱい使って作り手を感じ取る
お二人の姿勢を表現したくて
梁川さんに地図を描いてもらいました。
チャーミングなタッチが、ワンドロップの世界をさらに広げてくれたように思います。

なお、上記の宅配のしおりの全体像は
以下のサイトの下の方からもご覧いただけます。
http://jam-p.com/fes_tenji.html
[ 2009/09/11 12:44 ] りんごっ子 | トラックバック(-) | コメント(-)