FC2ブログ











高遠のお客さま 

今日は、私たちの住む伊那谷近辺の記事を扱う
小さな雑誌(リトルプレスと言うんだそうです)「きっと」
編集部員である東修子さんと加藤敏江さんがリンゴ園にお越し下さいました。

雑誌のテーマは「高遠発 小さな出会い、ひと・もの・くらし」
気の合う女性3人で作っておられる等身大のその雑誌が私も以前から大好きでした。
そうしたら、高遠ブックフェスティバルで一緒のお手伝いチームに加藤さんがいらして、
心を一つにしてひと夏を過ごし、
そしてさらに東さんともつながったのです。
これもまた小さな出会い かな。
でもすごく大きな出会いのような気もします。
とにかく心弾む出会いであることは間違いありません。

DSC_0184_20090930223639.jpg
東さんは私たちの家から1時間ほどの所にある
分校館という御宿を営んでいらっしゃいます。
その名のとおり、小学校の分校を使ったお宿で
とーっても趣きあるステキなところなのです!!
以前から、ええなー良さそう気になる~とうずうずしていたのですが、
加藤さんとの出会いも手伝ってますます気になり
お宿のお土産コーナーでリンゴジュース置いてもらえへんかな…なんて
気持ちもふくらんで、思い切ってアプローチしてみたのでした。
間に入って下さった方々のおかげで、ご快諾いただけて
しかも今日はそのリンゴジュース(と紅玉)をお渡しするのに、
わざわざ畑までお越し下さったのです!!

東さんは、やわらかな雰囲気の、とても気さくな方でした。
加藤さんもそうなのですが、昔から知っているような
距離の近さがあるのです。
笑いのツボも似ているようで、一緒にいる間、笑いが絶えませんでした。
あーいい時間だった…。

東さん、加藤さん、お忙しい中足を運んでいただいて
ありがとうございました!

分校館のことは改めて詳しくご紹介したいと思います。

写真はリンゴ畑のはしっこに咲いていた「タンジー」
虫除けの効果もあるハーブ系の植物です。
素朴なその姿かわいいなーと思ってたらお二人も反応しておられて
これまた嬉しくなりました。
[ 2009/09/30 22:39 ] 日々 | トラックバック(-) | コメント(-)