FC2ブログ











御宿 分校館のこと 

今日は大好きな御宿 分校館のことを改めてご紹介します。
その名のとおり、かつての小学校分校を使ったお宿です。
桜の名所・高遠の街を抜け、山へ山へ。
その先に現われるのが分校館です。

このお宿を営むのは東さんご一家。
奥様の修子さんと、いくつものご縁が重なって仲良くさせていただいています。
今では紅玉でお手製のジャムをお宿のメニューに出して下さったり
リンゴジュースやジャムを置いて下さったり、
とてもとてもお世話になっています。

DSC_0615.jpg

食堂には現役の囲炉裏。 DSC_0108_20091110025425.jpg
四方はお山。見上げると夜にはきっと満天の星。

DSC_0622.jpg
木の窓枠がなんともいい趣です。

DSC_0073_20091110025425.jpg
お庭でお花や虫を見つけて、ひそひそくすくすの父娘。

DSC_0071_20091110025425.jpg
赤い屋根がまたいいんです。
「北の国から」で純君や蛍ちゃんが通っていた
中ノ沢小学校分校を思わせます。
マニアックかしら(笑)。

修子さんはとても気さくな方で、距離を全然感じさせません。
話していると楽しくて、納品と称してお会いできる機会を
毎回心待ちにしています。
彼女は「高遠発 小さな出会い、ひと・もの・くらし」をテーマにした雑誌「きっと」
編集部員さんでもあります。
こちらの活動もまた素敵。

館内には雑貨やお土産のショップ、
それから喫茶室もありますので
お泊りの方以外でも楽しめます。
喫茶の方は、11時から・不定休とのことですので、
ご連絡、ご予約を頂くのが確実かと思います。
善積リンゴジュースも喫茶室メニューに加えていただいたり、
ショップコーナーでもジュース、ジャムともに扱っていただいたり、
いずれも期間限定ではありますが、お世話になっています。

2日前までに予約をすると
お食事だけもできますとのこと。
地のものを沢山使ったお料理もまた定評ありで、
いつか農園の慰労会でいただきたいっ!と想いを温めています。

伊那谷でのこんなご縁、ありがたいなーとしみじみ。
修子さん、これからもきっといろいろな場面で
お世話になることと思います。
どうぞ末永く、これからもよろしくお願いいたします。

御宿 分校館(おやど ぶんこうかん)
→ホームページはこちら
〒396-0303
長野県伊那市高遠町荊口830         
TEL・FAX 0265-94-3899 
[ 2009/11/23 06:48 ] リンゴ | トラックバック(-) | コメント(-)